診療案内

腫瘍外来
子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、外陰がん、がん診療連携パス連携医療機関
妊婦外来
妊婦健診
不妊外来
不妊の検査と治療不妊症の検査と治療を行っています。
当院では夫婦間人工授精まで行っています。体外受精が必要な場合専門施設をご紹介します。
更・老年期外来
更年期障害、不正出血、性交障害、ホルモン補充療法、子宮脱、膀胱瘤など
最近の更年期障害はホルモン低下によるものだけでなくストレスを主因としたものが増えてきています。
ひとりで悩まず相談してください。
思春期外来
月経異常、月経前緊張症、発育の異常、不正出血、月経痛、感染症、多毛症、にきび
思春期はおとなの女性になるための心身ともに変化の多い時期です。ご本人の希望を尊重した診察で対応しますので安心して相談してください。
性感染症
クラミジア、淋病、ヘルペス、トリコモナス、コンジローム、梅毒、HIV、その他
クラミジアを筆頭に性感染症が蔓延しています。不妊症や子宮外妊娠などの合併症だけでなく垂直感染によって赤ちゃんにまで影響をあたえてしまいます。感染の可能性があれば早めに診察においでください。
避妊相談
低用量ピル、リング、緊急避妊 何でもご相談ください。

セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン
他施設での診断・治療に関する相談
セカンドオピニオンとは、患者様が検査や治療を受けるに当たって主治医以外の医師に求めた意見のことを言います。主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者様自身が選択していくべきと言う考え方に沿ったものです。
たとえば、癌治療の際、手術をはじめ放射線治療、化学療法など患者様の生活に大きく影響を与え療方針を提示されると、情報化社会である現在は、インターネットを開くこともありますが、氾濫した情報を受けると安心と不安が交錯します。子宮筋腫や子宮内膜症も治療方法は多数あります。
当院では、主治医(他院)の検査結果治療法方針を患者様自身が十二分に納得した上で、治療方法を選択し、安心して治療を受けられるよう、セカンドオピニオンとして、ご相談を受け、治療方針の再検討ができるようお手伝いいたします。
あくまでも主体は患者様であり、患者様と医療者の間に信頼関係があってこそ、治療は功を奏します。
主治医の検査結果と診療情報をお持ちいただきます。また、時間枠を設定いたしますので、必ず、事前にご予約ください。自費診療となりますので、ご予約の際にお問い合わせ下さい。
その他
流産手術、人工妊娠中絶手術(母体保護法指定医師)
診療時間 お問い合せ電話
ページ先頭へ戻る