子宮頚部レーザー蒸散術

はじめに

子宮頸がん検診(細胞診)の結果に異常が認められた場合、確定診断のために、組織診を行います。
組織診の結果は、大きく分けて「正常」「異形成」「がん」と分類されます。
異形成(CIN)は、顕微鏡で見た細胞の形が、正常とは異なるもので、子宮頚部が、HPV(ヒトパピローマウイルス)に感染して起こりますが、がんとは違い、悪性腫瘍ではありません。また、HPVに感染しても免疫力で排除することもあります。排除されれば、消失し、正常な細胞に戻ることができます。
異形成(CIN)は、前がん病変と考えられており、その程度により3つに分類されています。

子宮頚部細胞の異形成(CIN)の分類

  • 軽度異形成(CIN1):約10%が高度異形成以上に進行、約30%が変化せず、約60%が消失
  • 中等度異形成(CIN2):約20%が高度異形成以上に進行、約40%が変化せず、約40%が消失
  • 高度異形成(CIN3):約30-60%が軽度異形成に退縮、約10%が浸潤がんに進行

これらの異形成ががん化する前に治療することが目的で行われる治療法に「子宮頚部レーザー蒸散術」があります。
当院では、中等度異形成と高度異形成に対して施行しています。
上皮内がんに対しては、「レーザー円錐切除術」を行います。

子宮頚部レーザー蒸散術の実際

子宮頚部レーザー蒸散術は、日帰り手術なので、入院の必要がありません。
麻酔を使用するため、術中術後の痛みがありません。

子宮頚部を円盤状にレーザー光線による熱で変化を加えて蒸散します。そのため、侵襲が低く、子宮頸がんの進行を抑制阻止できます。
手術時間は、10~20分程度です。出血もほとんどなく、手術後1時間程度で帰宅でき、通常生活ができます。

円錐切除術と違い子宮頸管が短くなることが無いので、妊娠出産に対しての影響がほとんどありません。
妊娠は、術後2ヶ月目から可能です。

詳しくは、当クリニックへお問い合わせください。

診療時間 お問い合せ電話
ページ先頭へ戻る